食べる

花小金井に焼き肉「ワンカルビ」 関西発の食べ放題が関東初出店

くつろぎを重視した店内(写真はイメージ)

くつろぎを重視した店内(写真はイメージ)

  •  

 小平の新青梅街道沿いに4月17日、テーブルオーダー式の食べ放題焼き肉ダイニング「ワンカルビ花小金井店」(小平市花小金井3、TEL 042-465-1129)がオープンする。

95品の食べ放題コース一例

 経営は「きんのぶた」「いちばん地鶏」などの飲食業態を手掛ける「ワン・ダイニング」(大阪市西区)。関西・九州を中心に店舗を展開しており、関東への出店は小平が初となる。これまでに数多くの郊外型店舗を経営してきた実績を踏まえて「ターゲットとなるファミリー層が多い」と考え、同所への出店を決めた。店舗面積は99.7坪。ダークブラウンと白を基調とした店内には、テーブル席30卓172席を用意。

[広告]

 ブランドコンセプトは「手切りの新鮮なお肉と、こだわりのサイドメニューを心ゆくまで」。自社牧場で飼育したアンガス牛のブロック肉を、部位ごとにすべて切り方を変えて提供する。冷凍を経由しないチルド管理のため、柔らかい肉質が特徴だという。肉のカットを担当するスタッフにはマイスター制度を導入し、年2回の技術資格検定を行う。

 同店は「2時間の幸せ」をテーマに掲げ、ゆったりと会話を楽しめるよう席はすべて半個室を採用。タッチパネルはあえて導入せず、スタッフが席で注文を取るスタイルにこだわる。「大きなテーブルの上に、好きなものを好きなだけ頼んでほしいから」と、2人で入店しても6人がけのテーブルへ案内するという。

 メニューは、中学生~40歳代までの基本料金として48品のコース(3,080円)と、95品のコース(3,580円)を用意。その他にキッズからシルバー世代まで、48品と95品それぞれ5段階に分けた年代別の価格を設定する。コースにプラスで付けられる飲み放題メニューは、アルコール・ソフトドリンク(980円)、ソフトドリンクのみ(390円)の2種類。料理や飲み物は単品での注文も可能。

 店長の桃谷祐次さんは、今年の1月に関西から赴任した。「イメージしていたよりも街に公園が多く、自然があふれていると感じた」と話す。「気持ちの良い接客と心を込めた料理でお客さまをおもてなしできるよう、スタッフ一同力を合わせていきたい」と意欲を見せ、「ワンカルビならではの一枚一枚心を込めて手切りした新鮮なお肉と、豊富なサイドメニューを心ゆくまで楽しんでもらえれば。ぜひ、たくさんの方に来店してもらいたい」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~24時(土曜・日曜・祝日は16時から)。