食べる 見る・遊ぶ

花小金井で「みんなデパート」 地域の母親ら中心に、手作り雑貨にステージも

昨年11月開催時の様子。晴天に恵まれ紅葉も見られた

昨年11月開催時の様子。晴天に恵まれ紅葉も見られた

  •  

 小平・花小金井の東部公園(小平市花小金井6)で5月19日、手作り雑貨や音楽を楽しむイベント「第2回min’na de part(みんなデパート)~Happy hanaco party~」が開催される。後援は小平、東久留米、西東京の3市。

前回に引き続き出店する「kayo.」のピアスやイヤリング(写真は前回のもの)

 イベントのコンセプトは「デパートのように楽しいすてきが集う場所」。公園全体をデパートに見立て、「ハンドメードフロア」「ワークショップのフロア」「専門店街」「レストラン街」の4エリアで構成する。昨年11月に初めて開催され、来場者は4000人を記録した。今年も地域の母親たちが作る手作り雑貨の販売や音楽ステージ、近隣の飲食店などによる出店を予定する。

[広告]

 ハンドメードフロアは、前回から5カ所増えた29ブース。アクセサリーやベビーグッズ、子ども服など母親目線で作られた雑貨を販売する。ワークショップのフロアも15ブースと前回から大幅に増設。「草木染めのうちわ」作りや「つまみ細工」体験のほか、「すだち1DAYサロン」セラピストによるハンドトリートメントや健康相談も受けられる。

 専門店街には、一橋学園の雑貨店「Kimamaya T&K」が初出店するほか、前回好評だった東久留米市の「だがしやかなん」も参加。主催者である「ライオンハウス」の川里富美さん(小平市在住)と、「mon Favori」の森楓さん(東久留米市在住)もそれぞれ出店するという。

 レストラン街では14店がタコスやラーメン、ハンドドリップのコーヒーなどイベントに合わせたメニューを提供。ピザ窯のある車を含む3台のキッチンカーが来場し、作りたての味を提供する。

 ステージでは、ゴスペルグループ「ジョイフルクワイヤ西東京」や3人組アコースティックロックバンド「Jamsbee」などが出演し、生演奏でイベントを盛り上げる。今回は「60年代のディスコ」をテーマに手作りのミラーボールで会場を飾り付け、事務局ブースのワークショップでは「ちびミラーボール作り」体験を行う。

 川里さんは「世代を問わず多くの方に楽しんでいただけると思う。地域を盛り上げたい『みんな』と、頑張るママに会いに来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時(雨天時は20日に順延)。入場無料。