見る・遊ぶ 学ぶ・知る

小平で「丸いポストのある風景」フォト作品募集 国内外の丸ポストをテーマに

昨年金賞を受賞した作品「人気スポット」(撮影=秋田寿美さん)

昨年金賞を受賞した作品「人気スポット」(撮影=秋田寿美さん)

  •  

 ルネこだいら(小平市民文化会館=小平市美園町1)が現在、「丸いポストのある風景」としてポストカードフォトコンテストの作品を募集している。小平市文化振興財団と小平市の共催。

 国内外にある「丸ポスト」と「人々の暮らしや風景」との関わりを視点にしたもので、2008年から開催し今回で11回目。プロ・アマを問わず、毎年全国から個性豊かな各地の丸ポスト作品が集まる。

[広告]

 応募できる作品は2017年1月1日以降に撮影した未発表の写真で、はがきサイズのカラープリントのみ。応募は1人2点まで(入賞は1人1点のみ)。入賞者には賞状と、金賞(1点)=5万円、銀賞(2点)=3万円、銅賞(3点)=1万円、小平丸ポスト賞(1点)=1万円、努力賞(5点)=図書カードを進呈するほか、入選者にも記念品を用意する。入賞・入選作品は、来年1月12日から開催する作品展で展示予定。

 昨年の応募総数は588点、355人を数えた。金賞を受賞したのは京都・祇園で撮影された秋田寿美さんの作品。赤い丸ポストを挟んで浴衣の女性2人が楽しそうにジャンプをする様子を収めたものだった。

 同財団の足立真衣さんは「毎年全国各地からさまざまな作品が集まり、中には海外の変わった丸ポストの写真も寄せられる。メールやSNSが普及して手紙を出す機会も少なくなったが、この機会に身近な丸ポストへ着目していただければ」と応募を呼び掛ける。

 募集は10月31日まで(当日消印有効)。応募方法はホームページで確認できる。