見る・遊ぶ

東久留米に天然温泉 フードコートやコミック3万冊のラウンジも

SPADIUM JAPONの外観はスタジアムのよう

SPADIUM JAPONの外観はスタジアムのよう

  •  
  •  

 再開発事業が進行中の東久留米市上の原地区に3月5日、天然温泉施設「SPADIUM JAPON (スパジアムジャポン)」(東久留米市上の原2、TEL 042-473-2828)がオープンする。2日には内覧会が行われ、地元関係者などの招待客で店内はにぎわいを見せた。

約3万冊のコミックや雑誌を有する休憩ラウンジ

 店舗は5階建て。1・2階は駐車場で入り口は3階、天然温泉の施設は4階にあり、13種類の風呂と2種類のサウナを備えている。源泉名は「武蔵野温泉」で、この施設のために掘削された。泉温は37.8度、毎分180リットルの透明の湯を地下1200~1500メートルからくみ上げている。

[広告]

 3階にはフードコートや和食レストラン、カフェのほか、マッサージやエステの施設として「Re.Ra.Ku(リラク)」が入る。5階とM5階は岩盤浴エリアで、5種類の岩盤浴と約3万冊のコミックや雑誌を楽しめる休憩ラウンジ、クレープなどのスイーツが充実したカフェが備わっている。

 内覧会に訪れていた市内在住の男性は「今までこの周辺にはなかった豪華な温泉施設。上の原地区はホームセンターなどの店舗も充実してきたので、また来るのが楽しみ」と話した。

 営業時間は9時~翌1時(土曜・日曜・祝日は8時~、金曜・土曜・祝前日は翌2時まで)。入浴料金は平日=750円、土曜・日曜・祝日=850円(いずれも小学生は350円、幼児は100円、3歳以下無料)。岩盤浴は650円(小学生は250円)。レンタルタオルは300円。ホームページで入浴・岩盤浴・レンタルタオルがセットになった割引プランを販売する。

  • はてなブックマークに追加

北多摩経済新聞VOTE

あなたが読みたいニュースはどんなジャンルですか?