天気予報

31

20

みん経トピックス

小平で育児中のママが開業西東京で平和を祈る演劇祭

東伏見でアイスショー 本田真凜・望結さん姉妹も登場

東伏見でアイスショー 本田真凜・望結さん姉妹も登場

プリンスアイスワールドチームの演技

写真を拡大 地図を拡大

 ダイドードリンコアイスアリーナ(西東京市東伏見3、TEL 042-467-7171)で7月14日、プリンスアイスワールド2017東京公演が開幕した。

記者会見の荒川静香さん、本田真凜さん、樋口新葉さん

 日本を代表するトップスケーターの競演が楽しめる同ショー。トリノオリンピック金メダリストの荒川静香さんや本田武史さんなどのプロフィギュアスケーターと、総勢24人の「プリンスアイスワールドチーム」が17日までの4日間、計8回のステージを繰り広げる。

 4日間を通じて出演するゲストは、安藤美姫さん、町田樹さん、小塚崇彦さん、村上佳菜子さん。そのほか14日・15日には織田信成さん、樋口新葉さん、本田真凜さん、本田望結さん、16・17日には宇野昌磨さん、三原舞依さん、坂本花織さん、本田太一さんが出演。

 今年のテーマは「4seasons」。2部構成のステージは前半で春と夏、後半で秋と冬を表現。四季折々の音楽とともに氷上の舞が繰り広げられる。14日の公演では、本田真凜・望結さん姉妹が競演するシーンもあり、話題の2人の演技に場内は大いに盛り上がった

 開演直前の記者会見には荒川さん、本田真凜さん、樋口さんが登壇。荒川さんは「清涼感、爽やかさを感じてほしい。そのためにしっかりとエネルギーを注げれば」と意気込みを語った。プリンスホテルのパティシエの衣装に身を包んだ本田さんは「荒川さんのトリノ金メダル曲でもあるトゥーランドットを、試合のような緊張感を持って滑りたい」と話すと、荒川さんは「好きな曲は力になる。パワーミュージックにするために、滑り込んで人の心に残るプログラムにしてほしい」とエールを送った。プリンスホテルのベルガールの衣装の樋口さんは「今日はプリンス初のプログラム。お客さまも自分も楽しめるように滑りたい」と話した。

 1日2回公演。開演は11時・15時30分(初日のみ14時・19時)。料金は、エキサイティングシート1列目=2万2,000円、同2・3列目=2万円、SS席=1万3,000円、S席=1万円(子ども5,000円)、A席=7,000円(同3,500円)。

グローバルフォトニュース