買う

東久留米卸売市場にイタリアワイン専門店 400種類のワインを小売りで

右から店長の内村さん、社長の川上さん、スタッフの小嶋さん、広報の古川さん

右から店長の内村さん、社長の川上さん、スタッフの小嶋さん、広報の古川さん

  • 89

  •  

 業務用輸入食材やアルコール類の卸販売を行うカワカミ(東村山市本町1)が9月17日、初の直販店となる「カワカミメルカート店」(東久留米市下里5、TEL 042-420-1203)を東久留米卸売市場B棟にオープンした。

400種のワイン棚。普段使いから特別な日まで、さまざまな需要に対応する

 1987(昭和62)年に創業し、「レストランザンガラ」(西荻窪)や「ビストリア」(小平、埼玉県ふじみ野)などのレストラン部門も手掛ける同社。今年の春からは本社社屋でのマルシェイベントを週末に開いているが、小売りの出店は初めて。売り場面積は42.9平方メートルで、サテライトオフィスも兼ねる。

[広告]

 ブラックの天井に木製の5段棚をぐるりと配置したシックな店内は、内装業も手掛ける社長の川上和也さんがヴェネツィアのワイン店に着想を得てデザインした。商品は、北から南まで全ての州から選んだ400種類のイタリアワインをメインに取り扱うほか、チーズや生ハム、バルサミコ酢などのユーロ食材もそろえる。1本あたりの中心価格は1,000円~3,000円台。

 川上さんは同所への出店について、「市場という場所柄、イタリアンなどの洋食よりも和食の料理人が圧倒的に多く出入りしている。ジャンルにとらわれず、うまい料理とワインを合わせるのはごく自然なこと。すし屋やそば屋の方にも来てほしい」と話す。

 広報担当の古川茜さんは「9月10日のプレオープン以来、皆さん興味を持って足を止めてくださっていると感じる。ほとんどワインを飲まないと話される方には、飲みやすい銘柄をお薦めしている。入りにくいと思わず、気軽に見ていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、火曜・木曜・金曜・土曜=6時15分~14時、日曜=8時~13時。当面の定休日は月曜・水曜。

Stay at Home