食べる 買う

小平駅前に食パン専門店「一期一会」 都内初出店、テークアウト販売に特化

都内初出店する「一期一会」の「くるみレーズン」

都内初出店する「一期一会」の「くるみレーズン」

  • 291

  •  

 「高級食パン専門店 一期一会 小平販売店」(小平市美園町1、TEL 042-341-3255)が3月16日、小平駅南口にオープンする。経営は1518(埼玉県川口市)。

[広告]

 2019年10月に蕨店から始まった同ブランド6店舗目で、都内の出店は初めてとなる。店舗面積は約8坪。製造は蕨本店で行い、小平ではテークアウト販売のみに特化する。

 代表の野口毅さんは「パンを食べる習慣がない人にこそ食べてほしい食パンを目指した。焼き上げてからの管理を徹底しているため、耳までやわらかい食感をお届けできる」と自信を見せる。「焼きたてが一番だと思われがちだが、実はイーストの匂いが落ちついて本当にパンがおいしくなるのは2~3時間後から。1日目はやわらかすぎて切れないほどなので、焼かずに生で味わってほしい」とも。

 「ジャムなど何も付けなくてもおいしい」を目指した食パンは卵を加えず、パンの甘みを最大限に引き出すためオリジナルブレンドの小麦粉を使い、常時7~8種類をラインアップする。生地に蜂蜜と練乳を加えた「プレーン」、チョコチップを練り込んだ「ショコラ」(以上、2斤=864円)、「くるみレーズン」(同972円)などのほか、季節ごとのフレーバーを用意する。種類によって配合を細かく調整し、素材を生かす。

 「老若男女問わず食べやすい食パンで、手土産用にも重宝してもらっている。お客さまの声も取り入れながら、長く続く店を目指したい」と野口さん。

 営業時間は10時~20時(今後変更の可能性あり)。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会計ごとに従業員の手のアルコール消毒を徹底する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース