暮らす・働く

西東京に女性の創業支援施設 点在する関連施設つなぐ役割も

中央がHug&Yoga代表の伊勢さん。営業中は女性スタッフが常駐する

中央がHug&Yoga代表の伊勢さん。営業中は女性スタッフが常駐する

  •  
  •  

 女性専用の創業入り口支援施設「スタジオ&オフィス OK Nishitokyo」(西東京市南町5)が11月1日、田無駅南口にオープンした。運営は一般社団法人Hug&Yoga協会。

「自宅やカフェ以外で打ち合わせができる」と好評のコワーキングスペース

 創業初期~間もない人を対象にコワーキングスペースの貸し出しを行うほか、市内にある他の創業支援施設やイベントの紹介も行う。「利用者同士の交流を気軽に行える場に」と「オシゴト×カイギ」の頭文字を屋号に付けた。

[広告]

 抱っこひもを使ってヨガを行うオリジナルプログラム「ハグヨガ」のレッスンや、インストラクターの育成も行う同協会。代表の伊勢佳弥子さんは、自身の子育てと並行して月1回のヨガ教室をスタートした後、西東京市の創業スクールで学び、2017(平成29)年に同事業を創業した。市が進める女性や母親の「働く」を応援する「ハンサムママ・プロジェクト」ではロールモデルとして紹介されたこともある。利用者の事業に合った支援施設や団体、創業に関するイベントや取り組みの紹介をするほか、創業時のさまざまな相談に対応する。

 施設を利用できるのは女性のみで、登録が必要。室内には、交流できるオープンスペースや専用席、スタジオ、少人数用個室の4つのスペースを配置。入り口となる2階の玄関は大きな扇形で、子ども連れの人も出入りしやすいように配慮した。簡易な授乳スペースや、約1畳分のマットを広げられるキッズスペースも用意。無料で利用できるコーヒーサーバーのほか、有料のプロジェクターやスキャナー、マイクなどもそろえる。月額9,800円で登記利用も可能。

 伊勢さんは「ハンサムママなどで創業に向けて動き始めた人たちが、気軽に会って交流できる場や機会をつくりたい。創業の次のステージにもつなげてもらえるよう応援したい」と意気込む。

 営業時間は10時~16時。土曜・日曜・祝日定休。利用料金は、オープンスペース=3時間500円、個室・スタジオ=2時間30分1,500円、個人デスク=月額1万4,800円。

  • はてなブックマークに追加

北多摩経済新聞VOTE

あなたが読みたいニュースはどんなジャンルですか?