天気予報

28

18

みん経トピックス

西武柳沢商店街でまちゼミ小平の嘉悦大学で公開講座

東村山で多摩六都の青少年によるライブフェス 過去最多39組出演

東村山で多摩六都の青少年によるライブフェス 過去最多39組出演

昨年参加した「OVER’s」演奏の様子

写真を拡大 地図を拡大

 東村山市立中央公民館(東村山市本町2)で2月11日、「第11回多摩六都ヤングライブフェスティバル-ここから始まる私のバンドライフ-」が開催される。

昨年(第10回)開催時の集合写真

 同フェスは、多摩北部都市広域行政圏協議会が推進する「多摩六都フェア」の一つで、市域の枠を越えた住民の文化交流を目指している。当日は多摩六都(小平、東久留米、清瀬、西東京、東村山)の青少年が一堂に会し、ジャンルにとらわれない自由な音楽演奏を披露する。

 昨年は過去最多となる24組が出演したが、今年はそれをさらに上回る39組の出演が決定した。バンド数が多いため、休憩を挟みながら3部に分けて行う。出演者は主に高校生を中心に、中学生や大学生を含む幅広い年代が参加。ガールズバンドや混成バンドのほか、民族音楽部のメンバーで構成されたバンドなど個性的なグループがそろう。

 受験を終えた高校3年生のバンド「ちゃっぴい」のメンバーは「4月からはそれぞれの進路に進むので、最後にまた一緒に演奏したいと思い参加した」と話す。自分たちで作詞・作曲を手掛け、路上ライブでも活動する「じゅっせんち」の2人は中学生の頃から、ライブハウスなどで弾き語りを披露してきたという。

 同市教育委員会社会教育課の渡辺洋平さんは「毎年多彩な演奏が聴けるイベントなので、若い方はもちろん、さまざまな世代に来てほしい。今年は珍しいカホンを取り入れるグループもある。出演者が多いため持ち時間は少なくなるが、その分多くの演奏に触れてもらえると思う」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~19時頃(9時30分開場)。開演は、第1部=10時、第2部=13時15分、第3部=16時25分。入場無料。

グローバルフォトニュース