見る・遊ぶ 学ぶ・知る

小平で親子向けのワークショップフェスタ ワークショップ14種が一堂に

今年春に開催された時の様子

今年春に開催された時の様子

  •  

 ルネこだいら(小平市美園町1)で8月1日、「WAKATAKE夏休みワークショップフェスタ2018」が開催される。主催はwakatakemarche(わかたけマルシェ)。後援は小平市。

ジェルネイルアート体験の様子

 主催する「wakatakemarche」は主に小平市周辺に住むハンドメード好きな母親たちが集まり、約40人が協力しながら市内でマルシェやワークショップフェスタを不定期開催している。ハンドメード雑貨が得意なメンバーとワークショップが得意なメンバーがいるため、毎回テーマを変えて行っている。

[広告]

 ワークショップがメインとなる同イベントは、今回で5回目。通常は同市内にある「eggg Cafe」で行っており、ルネこだいらでの開催は初となる。代表の大橋利香さんは「春休みに開催したワークショップイベントが大盛況で、参加者からの声もあり、夏休み中の開催が決定した。一度にいろいろなものが作れるイベントがあったら楽しいのではと思い、子どもたちにどんなワークショップをしたいかをリサーチして、ママ目線で選んだ14ブースが集まった」と話す。「会場は駅前でアクセスも良く、市内の方はもちろん、周辺に住んでいる方にも来ていただきやすいのでは」とも。

 前回大好評だったというスイーツデコやグルーデコ作りのほかに、スクイーズ作りやハーバリウム体験など、今人気のワークショップが一度に体験できる。モザイクキャンドルやタイルクラフト、手ごねせっけん、消しゴムはんこ作りなどは「小学生の夏休みの工作や自由研究にもお薦め」だという。

 「アイスクリームクッキー」「モザイクキャンドル」「手ごね石けん」「タイルクラフト」「ハンド・ヘッドケアー・耳つぼジュエリー」の5つは事前予約が可能。小学生未満の子どもでも、保護者同伴であれば全てのワークショップに参加できる。

 大橋さんは「今回はブース数をいつもの倍に増やし、小さなお子さまでも大人と一緒に楽しめる内容になっている。お子さまがワークショップをしている間に、ママがハンド・ヘッドケアでゆっくりすることもできる。これだけ多数の楽しいワークショップが集まる機会はなかなかないので、夏の思い出づくりや夏休みの宿題に、ぜひ友達同士や親子で遊びに来ていただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時30分~15時30分。入場無料。授乳室あり。