買う

東久留米に「スーパービバホーム」 災害時の防災拠点機能も

開店を待つ人の長蛇の列ができた

開店を待つ人の長蛇の列ができた

  •  
  •  

 再開発事業が進行中の東久留米市上の原地区に2月16日、ホームセンター「スーパービバホーム東久留米店」(東久留米市上の原2、TEL 042-470-9011)がオープンした。運営は「LIXILビバ」で、同社の大規模店舗としては都内2店目となる。

展示・販売されている津波避難シェルター「まんぼう」 

 上の原地区は市の北東端に位置し埼玉県新座市に隣接。再開発事業は老朽化したUR都市機構の東久留米団地の建て替えや隣接する公務員宿舎の廃止に伴い、地区全体を再整備するもので、複合多機能都市を目指して行われている。

[広告]

 店舗は総売り場面積が約1万平方メートル。600台分の駐車場を有し、10万点を超える商品を扱う。「生活館」では日用品・家庭用品・ペット用品・ガーデン用品等を販売し、スマート家電コーナーも設置する。「資材館」ではプロの目にかなう資材から工具までをそろえ、業種別提案売り場を設置。リフォーム建材も扱う。防災用品コーナーでは、地震や水害に備えた品ぞろえを行う。

 10時の開店に先立ち行われた記念式典には、LIXILビバの渡邉修社長や東久留米市の並木克巳市長らが出席。渡邉さんはあいさつの中で、「暮らしと住まいの専門店として品ぞろえを充実させるだけでなく、災害時には防災拠点として地域に貢献できる店を目指した。どのような店かは皆さん自身の目で確かめていただければ」と話した。

 3月上旬には、隣接地に天然温泉「スパジアムジャポン」が開業を予定している。

  • はてなブックマークに追加