3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

田無神社がブルーライトアップ 医療従事者へ感謝と敬意込め

医療従事者への感謝と敬意を込めたブルーライトアップ

医療従事者への感謝と敬意を込めたブルーライトアップ

  • 285

  •  

 田無神社(西東京市田無町3)が6月7日、本殿や拝殿を青い照明で演出するブルーライトアップを実施した。新型コロナ治療で働く医療従事者へ感謝と敬意を届けようと、西東京青年会議所が企画した。

左から田無神社の賀陽宮司、西東京青年会議所の矢ヶ崎理事長、鈴木専務理事

 「Light It blue~これからもありがとう~in 西東京市」をテーマにした田無神社のライトアップは、2日間実施する予定だったが、前日の6日は竜巻警報の発令により中止。7日の19時から22時まで、東京都指定文化財でもある本殿、拝殿、御神木や鳥居を青色にライトアップし、夜の境内に浮かび上がらせた。拝殿には「ありがとう」の文字が掲げられた。

[広告]

 ライトアップ前から茅(ち)の輪くぐりをする参拝客や見学者の姿もあったが、互いに自然と距離を保ちながら参拝・鑑賞していた。境内はベンチや椅子を撤去し、社務所・参集殿・おみくじ所は閉鎖。ちょうずの使用中止、鈴緒(すずお)には触れないようにするなどのほか、場内が「密」の状態になった場合はライトアップを中止する条件で行った。

 仕事帰りに神社を訪れたという看護士の稲盛さんは「立ち寄ったら偶然にも幻想的なライトアップを見られた。現在の医療現場は自分が罹患(りかん)したり、人にうつしてしまったりする恐怖がある中で頑張っている。だから一般の方は自制してほしい」と率直な思いを話した。

 今回のライトアップは、日本青年会議所が発信したプロジェクトに応えて実施した。西東京青年会議所理事長の矢ヶ崎泰幸さん、専務理事の鈴木悟さん、2期前に理事長を務めた田無神社宮司の賀陽智之さんらが中心となり、プロジェクト受信から3日で決定・告知しスピーディーに実現した。

 ライトアップのデザイン・設置・点灯まで全てを担当した鈴木さんは、舞台照明の会社を営む。「本殿全体と鳥居のライトアップのほか、印象的と感じた御神木もライトアップした。医療従事者だけでなく、芸術に携わる人たちにも届けたい。見た人が心豊かになってもらえるよう、全力で取り組んだ」と話す。

 理事長の矢ヶ崎さんは市内ぶどう農園の3代目。「子どもの頃から慣れ親しんできた歴史ある神社がライトアップされるのは感慨深い。医療従事者への感謝の気持ちが直接的にだけでなく、SNSなどを通して間接的にも届くと考えている。一般の方も外出時のマスク着用や手洗い、顔・目・鼻を触らないなど、これ以上感染を広げないよう自覚・自制してもらえたら」と呼び掛ける。

※2020/6/11 記事内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

Stay at Home