学ぶ・知る

「ひがしむらやま観光御朱印帳スタンプラリー」始まる 今年は店ごとに特典も

「旬魚旬采酒房ダイヤ寿司」のランチメニュー「大サービス丼」

「旬魚旬采酒房ダイヤ寿司」のランチメニュー「大サービス丼」

  •  
  •  

 東村山市内の飲食店や寺社などを巡ってスタンプを集める「ひがしむらやま観光御朱印帳スタンプラリー」が10月1日、始まる。

多磨全生園の「お食事処なごみ」で提供するぜんざい「旅する小豆たち」

 参加者がオリジナルの「観光御朱印帳」(1,000円)を購入し、48カ所の有料ポイントと呼ばれるスタンプ設置場所で500円以上利用すると、御朱印に見立てたスタンプが押せる仕組み。有料ポイントは飲食店や書店、美容室や製麺所などさまざまで、寺社や公園などの13カ所ある無料ポイントでもスタンプが集められる。

[広告]

 2回目となる今回は昨年の参加者の声を受け、スタンプ押印場所を61カ所に拡大。期間も1カ月延長し、12月末までの3カ月間とした。飲食店では年末の忘年会利用を見込むほか、「産業まつり、いちょうまつりなど期間中に行われるいろいろなイベントと連携することで、東村山全体を活性化させたい」と事務局の内匠(たくみ)庸介さん。

 内匠さんは「今年はファーストドリンクサービスや日替わり小鉢のサービス、割引券のプレゼントなど参加店舗ごとに特典を用意した。3~4店舗回れば1,000円以上の特典が受けられ、回れば回るほどお得になっている」と話す。

 景品は集めたスタンプの数に応じ、5段階で設定。豊島屋酒造の日本酒やポールスタアのソースなど、「東村山ならでは」の商品を選んで抽選に応募できる。応募可能なスタンプ数は20カ所(市外在住者は10カ所)から始まり、コンプリートすると1万円相当の商品か特別体験ツアーの2種類から選択できる。ツアーの内容は、豊島屋酒造かポールスタアの見学、野口製麺所のうどん作り体験の3つ。

 前回は「施設やお店など、今まで行ったことがなかったところに行けた」「御朱印を集めながらまちを巡るのが楽しかった」などの反響があったという。内匠さんは「期間もスタンプポイントも内容も、昨年よりパワーアップした。観光御朱印帳を持って、東村山のまち巡りを楽しんでほしい」と参加を呼び掛ける。

 12月31日まで。

  • はてなブックマークに追加