3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

久米川の和食店が「肉ドレス恵方巻」予約受け付け開始 吉祥寺・渋谷の反響受け

予約制の「肉ドレス恵方巻」

予約制の「肉ドレス恵方巻」

  •  
  •  

 東村山の和食店「久米川 絹-kinu-」(東村山市栄町2、TEL 042-306-4924)が現在、ローストビーフをのりに見立てて巻いた「肉ドレス恵方巻」の予約を受け付けている。

「久米川 絹-kinu-」の店内=久米川の和食店が「肉ドレス恵方巻」予約受け付け開始

 当初は同店を経営する「K food innovation」(同)が展開する「吉祥寺 肉ドレス海鮮丼」の本店と渋谷道玄坂店のみで販売予定だったが、「予想以上に反響が大きく多くの予約が入ったため、グループの『久米川 絹』でも予約受け付けをスタートした」と社長の板橋啓太郎さん。

[広告]

 「元々は今の吉祥寺店が絹の2号店としてオープンしたのが始まり。ランチ限定メニューで提供していた『肉ドレス海鮮丼』がメディアなどで取り上げられて話題になり、業態を変更して今の形になった」と振り返る。

 初めてだという恵方巻きについては「今までにないインパクトのある恵方巻きを作るため、本来のりで巻くところをローストビーフにして、肉ドレス海鮮丼らしさを出した」と話す。具材には生ウニや北海道産のイクラ、ねぎトロ・たくあん・大葉を入れて豪華さを演出し、外側を低温調理で仕上げたローストビーフで丁寧に巻き上げる。

 板橋さんは「初めての販売にもかかわらず、久米川でもやってほしいとの声をたくさん頂いてありがたい限り」と話す。節分にその年の恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされる慣習から、「2020年の恵方である西南西を向いて、一気に召し上がっていただけたら」と勧める。

 価格は1本2,000円。予約は1月31日まで。

Stay at Home

北多摩経済新聞VOTE

情報源として一番使っているSNSはどれですか?