見る・遊ぶ

北多摩を巡るアニメスタンプラリー 人気声優によるオリジナルボイスも

人気声優のオリジナルボイスが聞けるキャラクターたち

人気声優のオリジナルボイスが聞けるキャラクターたち

  • 27

  •  

 北多摩5市を巡る「北多摩TOKYOアニメスタンプラリー『TAMA☆ろくと巡礼物語!』」が9月20日、始まった。主催は「東京都商工会連合会 多摩観光推進協議会事務局」(立川市富士見町1)。

 去年開催された「北多摩TOKYOカードラリー」に続く街歩きイベント。「いってみよう!地図の場所へ」をコンセプトに、北多摩5市内25カ所の観光施設・文化施設・神社仏閣などのスポットを巡る。事務局長の駒治徳さんは開催について、「イベント事業の中止が多くなっている中、東京都や北多摩5市とも協議し、期間を2カ月と長くして参加者を分散させ、都の新型コロナウイルス対応を踏まえることで実施を決めた」と話す。

[広告]

 日枝神社水天宮、東久留米卸売市場、多摩六都科学館など25カ所の名所にちなんだオリジナルキャラクタースタンプを設置し、それぞれの市に1カ所ずつ等身大パネルも用意する。パネルのQRコードを読み込むと梶裕貴さん、金田朋子さんら人気声優5人のオリジナルボイスを聞くことができる。「5市に5つずつの新しいキャラクター制作は、主催者・行政・受託会社で練り上げる大変な作業だったが、今後このキャラクターたちがさまざまな形で活躍していけば」と駒さん。

 5市の対象神社ではオリジナルの御朱印紙が用意され、御朱印巡りも同時に楽しむことができる(初穂料は神社により異なる)。

 5種類以上のキャラクターのスタンプを集めた参加者にはオリジナルグッズを進呈するほか、25種類全てを集めて応募すると地域の特産品や農産物が当たる抽選や、ハッシュタグ投稿でオリジナル御朱印帳が当たる企画も。スタンプ台紙は、25カ所全てに用意する。

 駒さんは「地域の魅力的なスポットを楽しみながら、25種類のキャラクターに親しみを持ってもらいたい。実際に施設に訪れて目で見て楽しむことで、北多摩エリアの魅力を再発見する機会になればうれしい」と期待する。

 11月29日まで。

Stay at Home