暮らす・働く

FMひがしくるめが市制施行50周年特番 尾﨑治夫さんや来生たかおさんら出演

スタジオの様子(写真右=並木克巳市長)

スタジオの様子(写真右=並木克巳市長)

  • 92

  •  

 東京都東久留米市をエリアとするコミュニティーFM局「FM ひがしくるめ」(東久留米市東本町8)が10月11日、2時間の枠で特別番組を放送する。

公式キャラクターの「くるめラちゃん」

 FM ひがしくるめは地域の情報を発信する「まちづくりメディア」として2018(平成30)年に開局。以来、商店のタイムセールやイベントのリポート、交通情報をはじめ、災害時には市と連携して情報発信を行うなど、「人をつなぎ、元気で楽しいまちづくりに貢献すること」を目指す放送を続けてきた。

[広告]

 特番は東久留米の市制施行50周年を記念するもので、並木克巳市長のあいさつに続き、パーソナリティーと市長がゲストを迎え、50年の中で思い出に残ることや印象的だった出来事などについて語り合う。

 当日は市内でクリニックを開業し、現在はコロナウイルス感染防止で活躍する東京都医師会会長の尾﨑治夫さんや、市内在住のシンガー・ソングライター来生たかおさんなど、同市ゆかりのスペシャルゲストが多数登場する予定だという。

 同局長の小梶雅善さんは「コロナ禍で、市内のイベントは縮小や中止を余儀なくされている。今年は市制50周年という記念の年。地元FM局としても特番という形で祝い、地域を盛り上げることができれば」と意気込む。

 放送時間は12時~14時。FMひがしくるめの周波数は85.4MHz。市内で聴取できる。市外からは専用アプリや「FM++」ホームページを利用しスマホやPCで聴取可能。

Stay at Home